親に喜ばれる写真だけの結婚式の新しいカタチ

  • トップ
  • >
  • ブログ
  • >
  • 成功の鍵は常識とマナー! 両親へのご挨拶をうまく進める方法

Blog

ブログ

2015年8月19日

成功の鍵は常識とマナー! 両親へのご挨拶をうまく進める方法

結婚が決まったら、まずは両親へ結婚報告。この秋、シルバーウィークや祝日を使ってお互いの両親に挨拶を考えている方もいるのではないでしょうか? 今回は両親への挨拶で恥じないための基本的なマナーと服装や身だしなみについてご紹介します。

カップル

 

挨拶の基本

両親への挨拶は先に女性側の実家から訪問するのが一般的です。日程は2週間ほど余裕をみて両親の都合に良い日時を決めましょう。時間帯は昼食を終えた午後2時~4時頃がベスト。相手に食事の心配を掛けないように心掛けて、夕方以降の時間帯は避けます。

重要なのは、ゆっくり会話が楽しめるように挨拶の前後には予定を入れないこと。お互いのこと、両親のことを理解できるような日時を設定しましょう。

手土産の準備

ご挨拶に行く時は手土産を持参することが常識。挨拶に行く日程が決まったら、相手側の両親が好むような食べ物をリサーチして、事前に準備しておきましょう。

また、手土産の相場は3,000円~5,000円程度の和菓子や洋菓子がオススメです。お酒が好きな両親なら好みの銘柄を確認してお酒を用意するのもいいでしょう。ここでの手土産は、結婚の挨拶をする時間をわざわざ設けてもらったお礼の意味合いなので、相手が喜びそうなものを選んだり、気遣いが感じられればOK。個別に包装されているものや、家族の人数分に行き渡るようなボリュームを考えて選ぶと喜ばれます。

服装・身だしなみのルール

男性は結婚の決意が表せるよう、スーツが望ましいでしょう。
礼儀正しく真面目な印象が示せるように髪型や小物にも気を遣い、印象良く迎えられるよう心掛けましょう。

女性は清潔感のある上品な印象を得られるように、ワンピースやジャケットとスカートの組合せが好感度UP。明るすぎる髪色や派手なメイクは避けて、長い髪は適度にまとめたり、ナチュラルメイクをして女性らしい品のある印象を心掛けることが大切です。

両親への挨拶はふたりにとって大切なスタート! 円滑に話が進むように基本的なマナーや常識には気を付けて行動したいですね。


ウェディングブックレットの公式サイトはこちら
ウェディングブックレットのサンプル冊子請求はこちら

  • 見ればナットク!
  • 無料サンプル冊子請求
  • 0120-95-9978